井桁 裕子HIROKO IGETA

NEWS

〜〜

Tokyo 2020 NIPPON Festival “MAZEKOZE Island Tour”
《Portrait of Kazuyo Morita standing on one leg”》participated in the video.

東京2020パラリンピック文化プログラム
「MAZEKOZEアイランドツアー」
に《片脚で立つ森田かずよの肖像》が森田かずよさんとともに参加しました。

https://www.tokyoweekender.com/2021/08/mazekoze-island-tour-an-invitation-to-face-celebrate-and-question-japans-diversity/?fbclid=IwAR1J9wJLbXriJNASf3eu_g7IxBgsEuzyzRoBdgsULBdIkKOhHEdDom-cVHU
Watch here please, It will be delivered until September 30, 2021.
映像は無料で配信されています。
どうぞご覧ください。




2021年9月26日・公開ワークショップ「表現する身体と見つめる身体:森田かずよ氏(義足のダンサー)×井桁裕子氏(人形作家)」


対談の記録をPDFファイルでお読みいただけるようになりました。下記リンクよりダウンロードできます。

http://coe.aa.tufs.ac.jp/kikanjinrui/library/

〜〜

*この秋、以下のグループ展に参加します*

第十一回 にんぎょう うらら展

吉徳・浅草橋本店にて

会期:2022年 10月22日(土)〜31日(月)

東京都台東区浅草橋 1-9-14 
電話03-3863-4419 
JR総武線・都営地下鉄「浅草橋」駅より徒歩1分

〜〜

東京都公募「アートにエールを!」
参加映像作品「令和方丈記」

https://cheerforart.jp/detail/1997?fbclid=IwAR1MQADCb3d2u1EDtbOjiguBSwISZ5ZgblcYsfWOXcEYPV0qW4rr0WHXvtU

制作:令和方丈記を作る会

劇団メメントC主宰の嶽本あゆ美の作品に参加してきた邦楽家、俳優、美術家がアートにエールで結集。それぞれの世界を持つ人々が、それぞれの表現方法で参加しました。堅田喜三代は、女人往生環シリーズの邦楽プランナーとして数々の作品をまとめあげてきました。いつもは劇団新派の舞台音楽を担当する邦楽囃子方です。身体表現ダンサーとして独自の世界観を追求するなかええみは、「パターチャーラー」にて主演。間宮啓行は、シェイクスピア俳優として知られ、メメントCでは「太平洋食堂」「安全区」に出演。美術の井桁裕子は、アジャセ王子像を「韋提希」の為に創作し反響を呼びました。杉嶋美智子はメメントCメンバーとして近作では「韋提希」の舞台に出演。

人形造形クラス・生徒募集中

子ども向けプログラミング教室「カノワスクール」の中で、毎週土曜日に人形の教室を開講しています。平日夜間のクラスも準備中です。

*土曜日・月4回 13:00〜16:00
*定員10名
*レッスン料 ¥12,000 + 材料費¥1,000

*無料体験・見学を随時行っています。お気軽にお問い合わせください。

素材は石粉粘土、桐塑、紙張り子、など。
指人形や球体関節人形、仮面、そのほか目的、ご希望に合わせて様々な表現をともに模索し研究していきましょう。初めての方にも作る喜びを感じられる活動を目指しています。
お問い合わせはカノワスクールまで(または井桁まで)
kanoa-school@surp.co.jp

東京都 三鷹市下連雀1-8-20-102
吉祥寺駅南口より吉祥寺通りを井の頭公園方向に進み、徒歩25分。進行方向左側の半地下の部屋です。
最寄りのバス停は吉祥寺駅南口・丸井の前から小田急バスで5つ目「下連雀」下車。または三鷹駅南口より、ジブリ美術館ルート、または小田急バスで「下連雀」下車。